11.6夜

 

副作用のこの気持ち悪さは、ことばで表現出来ない。

ファモチジンという胃薬は処方してもらってるけど、一日3錠。

 

今日はとくに気持ちが悪い。

 

7時すぎ

9時半

トイレで吐く。

吐いてもすっきりはしない。

 

 

出血は一日中だし、息子に会えないし。

泣いてばかりの一日。

 

 

携帯みたら、夫からの励ましのメールが。

 

普段は、私が弱音をはくのをとくに嫌う夫。

(励まされるどころか、弱音や不満はきいてもらえない。)

夫も我慢してくれてるんだろうと思う。

 

 

今夜を越せれば、

明日から33週。

 

 

 

 

広告を非表示にする

11.6

昨日も今日も、結局一日中、

微量の出血が続く。

 

トイレに行くたび、

茶色、赤色、赤色、茶色、茶色、赤色、、、

 

 

身体拭きのタオル4本

母に背中をふいてもらった。

 

今日確か洗髪だったけど、忙しそうだし、なんとなく言い出せない。前回の洗髪は4日前、、さすがに痒い。

 

 

夕方

息子が咳をしているということで、会えない。

今日も苦しい一日。

 

 

広告を非表示にする

11.5

トイレに座るとポタポタと出血。昨日より明らかに量が多い。赤い。

すぐに診察室へ

 

医師

茶色っぽい感じです。あー。なんとかもってほしい。様子を見ながらなんとかもたせましょう。

 

朝食、昼食

一口も喉をとおらない。

 

 

 

午後

夫、息子

息子私のベットで昼寝。

息子の寝顔を見ていたら、隣でいつのまにか私もぐっすり寝ていた。

 

 

深夜0時

赤い出血

 

診察ー担当医ではない。

私、朝の診察も見てたけど、朝と同じ感じです。でも、朝もよくないから、今もよくはないんだけどね!

なんとか34週まで頑張り!!そこまで堪えたら、色んな(障害の)リスクが減るから!!

  

 

 何を頑張ったらいいのかわからないけど、同年代に見える女性医師に言われて、少しパワーが湧いた。

 

エコー

赤ちゃんは元気とのこと。1700g。

誤差は前後200gはあるらしいーということは最低でも1500g。やっと1500g越えた。

 

でもまだまだ小さい。

今産まれてしまったら、3300gで出産した長男の半分以下。

 

 

広告を非表示にする

11.4夕方

トイレにいったら、出血していた。

今までのなかでは多め。

 

すぐに診察。

 

医師

この次にたくさん出血してしまったら、胎児に危険が及ぶから手術になります。なんとかあと二週間はねばりたい。張り止めの種類と量を増やします。副作用がかなり出てしまうかもしれませんが、どうしようもありません。

 

 

お腹の子の心配より、あれ以上の副作用はどんなものかと自分の心配が先に脳裏に浮かんだ。

 

母親失格。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

11.4昼

点滴しながら、シャワー。

8分ほどだけど、気持ちよかった。

 

着替えてすぐに横になる。

いつのまにか昼寝してた。

目が覚めたら、二時間たってた。

広告を非表示にする

11.4朝

ついに午後からシャワーの許可が出る。

ただし、点滴は止めずに繋がったまま。

頭は洗わず、身体のみ。の条件付きらしい。

 

充分。下半身が洗えるだけでも、ありがたい。

広告を非表示にする

11.3

回診

今日モニターみて、良さそうだったら、シャワーの許可出しますね。と医師。

 

昼前

結局シャワー許可出ませんでした。と看護師。

 

 

夫、息子

午前中プールに連れていってもらったらしく、眠そうな息子と添い寝。(だけど、おめめはしっかり空いてる。)

息子はぴったり抱きつき、お腹を触って撫でて、おへそをぐりぐり。寝るでもなく、起きるでもなく。何もしてあげれない私に、甘えてくれる。愛しい。

 

起きてしばらくして、夫息子は外へ。

戻って晩ご飯は三人で。

 

 

夕方

母、

疲れてるだろう、声がかれていた。

 

 

張りが強くなり、痛みと、微量の出血。 

 

 

広告を非表示にする